プログラミング

プログラミング

Stataによるデータクリーニング

ひさしぶりの更新となりました。皆様お元気でしょうか?世間はコロナウイルス一色ですが、在宅で仕事する人も増えてきているでしょうか。 さて、今日はデータマネージメントを学ぶためのStata pressの書籍とWebサイトを1つ紹介させて...
プログラミング

P値を計算する方法 ③ 多重補完後の結果を取り出す

回帰モデルを実施した後に、P値や推定値を取り出すのに、 _b, _se などのようにすることでその値を取り出してプログラムに組み込むことができました. Multiple imputation (M...
プログラミング

P値を計算する方法 ② 各種検定・回帰モデルにおけるP値計算方法のまとめ

検定や回帰モデルを実施したあとに、P値や推定値を取り出す、という技があると、 表記方法をカスタマイズしたり、結果だけを手早くコピーしたりできるので、 その後のデータ整理の時間を短縮することができます. 特にたくさんのモデルを...
グラフ

twowayグラフと軸の設定

このブログでは、統計解析ソフトStataのプログラミングのTipsや便利コマンドを紹介しています. Facebook groupでは、ちょっとした疑問や気づいたことなどを共有して貰うフォーラムになっています. ブログと合わせ...
プログラミング

ループに関するエトセトラ

このブログでは、統計解析ソフトStataのプログラミングのTipsや便利コマンドを紹介しています. Facebook groupでは、ちょっとした疑問や気づいたことなどを共有して貰うフォーラムになっています. ブログと合わせて個人の...
グラフ

グラフの中に回帰式を入れる方法

  local変数の面目躍如たる瞬間だと思いますが、 回帰式の係数をグラフ中にうまく表示させる方法をシェアします. 簡単です. Stataに内蔵されているデータセット ”auto.dta” を使っていきます.   ...
プログラミング

改行の仕方

  グラフのコマンドを書いているととてつもなく長くなってしまうことが多々あります. そんなとき、画面上にすっきりと納めたくなります. そこで使えるのが「改行してるけどしてないことにしておく」コマンドです.   c...
プログラミング

連続変数からカテゴリー変数を作るコツ

  連続変数からカテゴリー変数を作る、という方法はStataではいくつか用意されていますが、実際に使い分けがよくわからない、という声を良く聞きます. 今回は連続変数からカテゴリー変数を作る方法を整理してみたいと思います. ...
プログラミング

なぜStataでプログラミングなのか?

⇒ 以下の2つの理由でオススメします. ・Character User Interface(CUI)とGraphical User Interface(GUI)のどちらにも対応していて、 ほとんどのコマンドにおいて、GUIを使...
タイトルとURLをコピーしました