コマンド“mylabels”のご紹介

値が正規分布に従わないときに対数変換したものをグラフにしたときにつけるラベルで悩んでいたのですが、

ちょうどよいコマンドを見つけましたのでご紹介します.

こんなやつを、対数変換して、

まあこれでもいいのですが、X軸のラベルをかっこよく整えたい!

そこで、

“mylabels”

の登場です.

いつものように

.findit mylabels

これをインストールします.

.mylabels a1 a2 a3 … , myscale(関数(@)) local(lclname)

.何らかのgraph syntax, xlabel(`lclname’)

で出来上がりです.


mylabels 1 10 100 500 1000, myscale(ln(@)) local(xla)
histogram lnxvar, xtitle(“Xvar”) xlabel(`xla’)
 

するとこんな感じ.

ここで、lnxvarは対数変換後のxvarのことです. 上のln(@)の部分と対応します.

すなわち、sqrt(@)であれば、xvarはsqrt変換したあとの値をいれないといけませんので注意してください.

なお、

.twoway function, xscale(range(a  b) log)

とやってもlogのスケールでできますが、ときどきうまくいかないことがあり、悩んでいました.

このコマンドにしたらそれが解決したので知っておくと便利かと思いました.

さらに詳しいことは、インストール後にhelpをご覧ください.

コメント

  1. […] それと、横軸がlog変換後の亜鉛摂取量となっているのでちょっと見づらいです.mylabelsを使ってあげればlog変換値を入れることなく軸ラベルをつけられます.(以前の記事を参照) […]

タイトルとURLをコピーしました